現地時間の8月20日(日)から26日(土)にかけて、チェコ・プラハで行われた「SUPER BALL 2017」。

フリースタイルフットボール界のワールドカップと位置付けられる「Red Bull Street Style」と並び、世界最高峰の舞台と言われる同大会で、日本人選手が活躍を見せた。

今大会には、日本からi-zu、YOSSHI、YU-J、Kazane、Yo、Ibuki、Rin、EASY、LYU、TOMMY、Tokura、majiri、LUCKY、HIRO-Kの14選手が出場した。

 

フリースタイルフットボール界で最もポピュラーな、1対1の「Battle部門」では、Yo、Kazane、Ibuki、Tokura、Hiro-kの5選手が決勝トーナメントに進出。トップ16にはYo、Kazane、Tokuraの3選手が駒を進め、YoとKazaneの日本人対決が実現した。

Air Technicianの同胞対決でもある両者の一戦は、Yoが勝利しトップ8に進出したが、怪我の影響で奇しくも棄権となった。優勝はブラジルのRicaldinhoで、準優勝のPedrinhoとともにブラジル勢でワンツーフィニッシュを果たしている。

 

1人3分間のショーを披露する「Routine部門」では、YOSSHIとHiro-kが決勝に進出。フランスのGautierが優勝し、YOSSHIは3位に入賞した。

2人1組で3分間のショーを披露する「Double Routine部門」では、LYU&EASY(ArtiSTARE)、Yo&Kazane(Air Technician)、YOSSHI&YU-J(ALEG-Re)の3チームが揃って決勝に進出。ノルウェーのFagerli Brothersが優勝し、YOSSHI&YU-Jは準優勝を果たした。

 

その他の結果は以下の通り。

 

Battle

1. Ricardinho Araujo(ブラジル)

2. Pedro Oliveira(ブラジル)

3. Erlend Fagerli(ノルウェー)

※Ibuki、Hiro-Kがベスト32
Tokura、Kazaneがベスト16
Yoがベスト8

 

Routine

1. Gautier(フランス)

2. Luki(ポーランド)

3. YOSSHI(日本)

※Hiro-Kが決勝進出

 

Double routine

1. Erlend & Brynjar Fagerli(ノルウェー)

2. YOSSHI & YU-J(日本)

3. Gautier & Mathieu(フランス)

※LYU&EASY、Yo&Kazaneが決勝進出

 

Show flow

1. Erlend Fagerli(ノルウェー)

2. VLO (スウェーデン)

3. Brynjar Fagerli (ノルウェー)

 

Sick three

1. Ricardinho Araujo(ブラジル)

2. Luca Chiarvesio(イタリア)

3. Ars Klementev(ロシア)

 

Iron Man

1. Tobias Becs(ノルウェー)

2. Jairo Gonzales(メキシコ)

3. Robert Guzik(ポーランド)

 

Challenge

1. Timur Alekseev(ロシア)

2. Konrad Dybas(ポーランド)

3. Ars Klementev(ロシア)

 

Rookie battle

1. Oskar Raneke(スウェーデン)

2. Sammy Almahi(アメリカ)

3. Adrian Zagorski(ポーランド)

 

Intermediate battles

1. Ruslan Rylkou(ベラルーシ)

2. Sindre Torfoss(ノルウェー)

3. Jojje Lingard(スウェーデン)

 

Female battle

1. Liv Cooke(イングランド)

2. Kalina(ポーランド)

3. Lucia (スロベニア)

 

Panna

1. Ferjani Safi(ベルギー)

2. Ashley Floorise(南アフリカ)

3. Hakan Explosion (Ger)

 

3v3 Street Football

1. Panna Match Berlin(ドイツ)

2. Copenhagen Panna House(デンマーク)

3. Pannalicious(クロアチア)