チェコで毎年開催され、Red Bull Street Styleに並ぶ世界最高峰の大会として知られている「SUPER BALL」。

世界中からフリースタイラーが集う年に1度の祭典には、強豪国として評価されている日本からも数多くの選手が参戦しています。様々な部門が用意されている同大会ですが、最も好成績を収めたのは、2015年大会の「Double Routine」部門に出場したYOSSHI&YU-Jでした。

共に日本トップレベルの実力を持ち、フリースタイルフットボールの創生期から切磋琢磨してきたYOSSHIとYU-J。2人1組で3分間、パフォーマンスの完成度を競い合うDouble Routine部門に出場し、ハッピとお面を用いた“和”を感じさせる演技で、見事に優勝を果たしました。

その一糸乱れぬ統率されたパフォーマンスは世界中から高く評価され、SUPER BALLでは初出場初優勝を飾った2015年以降、毎年表彰台に昇っています。

アジア人初となる“チーム世界一”に輝いたYOSSHIとYU-Jの、「個人」と「チーム」、両面での活躍に今後も世界から注目が集まります。

投稿者プロフィール

Hiromu Tanaka
Hiromu Tanaka
中学生からフリースタイルフットボールを始め、大会やパフォーマンスなどに積極的に参加。現在はフリーランスで、スポーツを中心に様々なWebコンテンツを配信。JF3の運営をはじめ、フリースタイルフットボール界を盛り上げるべく、多岐に渡る活動を行っている。