日本時間の5月19日(土)23時からフランス・パリで開催される「KING OF FREESTYLE」に出場する男子16人、女子8人のフリースタイラーが発表された。

今大会には、先日行われたFocus on Freestyle 6で優勝したMichryc(ポーランド)をはじめ、SUPER BALL 2017王者のRicaldinho(ブラジル)など、世界16カ国から24人のフリースタイラーが参戦する。

なお、日本からはTokuraの出場が決定している。ジャッジはLisa(フランス/アルジェリア)、Szymo(ポーランド)、Jordan(フランス)の3人が務める。

 

男子出場選手(16人)

Erlend(ノルウェー)
Martin Schopf(オーストリア)
Juanro(チリ)
Oleynik(ロシア)
Tokura(日本)
Pedrinho(ブラジル)
Pantera(メキシコ)
Logan(インド)
Michryc(ポーランド)
Boyka(コロンビア)
Jesse(オランダ)
Yorok(エジプト)
Ricaldinho(ブラジル)
Gunther(イタリア)
Brian(フランス)
Bruno(スペイン)

 

女子出場選手(8人)

Cata(チリ)
Aguska(ポーランド)
Marisa(ブラジル)
Paloma(スペイン)
Caitlyn(アメリカ)
Yoanna(フランス)
Lizzy(メキシコ)
Laura(オランダ)

 

優勝予想

筆者の優勝予想は、男子がRicaldinho。2月に日本で行われたDAZN World Freestyle Mastersの決勝では、惜しくもMichrycに敗れたが、その敗因には序盤に左足をつった影響もあった。

出典:theWFFA

ただ、足がつった中でもアッパーや逆足を使ったハイレベルなスキルを見せ、バリエーションの豊富さを感じさせた。ベストコンディションであれば、エアームーブのレベルは出場者の中でトップと言っても過言ではなく、2月のリベンジを含めて活躍に期待したい。

 

女子の優勝予想はLaura。近年は国際大会で結果を残しきれていないものの、着実にスキルアップを図っている。DAZN World Freestyle Mastersで3位に入賞したCaitlynなど、クリエイティビティの高い相手に対して、いかにハイレベルなスキルで対抗していくかが鍵となる。

投稿者プロフィール

Hiromu Tanaka
Hiromu Tanaka
中学生からフリースタイルフットボールを始め、大会やパフォーマンスなどに積極的に参加。現在はフリーランスで、スポーツを中心に様々なWebコンテンツを配信。JF3の運営をはじめ、フリースタイルフットボール界を盛り上げるべく、多岐に渡る活動を行っている。