7月20日(木)に中国・北京で、世界大会「Carabao Feestyle Football World Cup」が開催された。日本からは、5月にJapan Freestyle Championship 2017(JFFC 2017)を制し、日本チャンピオンとなったYoが出場している。

 

今大会には、F3ランキング(世界フリースタイルフットボール連盟が定めるランキング)で上位に進出している選手をはじめ、世界各国の強豪フリースタイラーが参戦した。

雨という悪条件の中、Yoはイタリアやフランスなど、ヨーロッパの強豪を次々と破り、決勝に進出した。決勝ではF3ランキング1位のErland(ノルウェー)と対戦し、最後は惜しくも敗れたが、準優勝を記録している。

 

世界大会で自身最高位となる2位に輝いたYoは、「個人的には2位は1番悔しい順位ではあるが、手応えはもの凄く感じた。5、6年くらい前から世界で勝つためのスタイルを作ってきて、ここにきてやっと少しだけ芽が出たかなと思う」と、コメントを残した。

 

また、Yoは来月にチェコで開催される世界大会「Super Ball 2017」への出場を控えている。初出場となる昨年はベスト8に終わったが、「Super Ballをずっと目標に準備してきているので、次は1位を獲って気持ちよく終われるようにしたい」と、意気込みを語っている。

投稿者プロフィール

JF3
JF3
日本フリースタイルフットボール界を統括し、シーンの普及・発展に寄与する団体。