JFFC2020第一回運営会議の議事録です。

フォーラム フリースペース JFFC2020第一回運営会議の議事録です。

JFFC2020第一回運営会議の議事録です。

  • このトピックは空です。
2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #5343 返信
    横田陽介
    ゲスト

    JFFC2020 運営会議議事録
    2/9(日) 17:00-19:00
    出席者:横田陽介、Leon、Ibuki、Ko-suke

    ●会議の目的について
    小さいシーンなので、みんなが主役であり当事者である意識を持ち、コミュニティの活性化に繋げる。
    →しかし、日曜日でアクセスの良い新宿で4名しか集まらないのが現状。まずは手の届く範囲を巻き込もう!

    ●JFFCの開催意義

    1. 日本で一番世界で戦える人を選出(RBSSの予選である)
    2. 多くの人(フリースタイラーも、フリースタイラー以外の人も)にトップレベルのバトルを見てもらう
    3. シーンの活性化

    ・1と2が重要。それができれば3はついてくる。

    ・今までは、経験を積むために出場している選手もなるべく敗者復活戦を多くして、多くバトルできるようにケアしていたが、1と2が最優先なので、重視しなくても良いのでは。
    →それにより、JFFC以外の大会も活性化につながるかも。

    ●JFFCの会場選定について

    ・大前提として、会場費問題がある。JFFCは現段階で数十万円を余裕でペイできるほどの運営規模ではない。

    ・ショッピングモールでやる理由
    最初からお客さんが居る状態で、多くのお客さんの目に留まる。
    →フリースタイルを知らない人にも多く見てもらえる。
    →〇千人、〇万人に御社のロゴが露出しますよ、といったスポンサー営業ができる。
    →明るい状態なので照明の用意が必要ない。

    ・クラブやライブハウスは?
    集客が必要→出場者1名に対して2人か3人の友達が数千円のチケットを買って観に来てくれるか?→現状、ショッピングモールでタダでも見に来てない印象。地方組もいるし厳しいのでは。
    やりやすいステージ床面や照明の環境整備にお金がかかる。
    アップスペースの問題。

    以上3点が解決できれば、カッコ良い演出もできるし、お客さんの熱量を引き出すこともできるので、いつかは箱でやりたい。

    ・なぜ、過去のJFFCではステージを設営せず、フロアでやっているか。
    →安価でステージを組むことはできるが、プレイヤーにとって影響が出るクオリティのものに仕上がってしまうことが予想される。
    →目線的にも現状ではフロアがベター。

    ・観客席にいるフリースタイラーはフリースタイラー席でまとめた方が、声もあげやすく会場の盛り上がり的にも良いのでは?(Ibuki)

    どこからどこまでがフリースタイラーかの判断、コントロールが難しい。静かに観たいフリースタイラーや、その中間のフリースタイラーもいるのでは?(横田)
    JFFCにエントリーしたフリースタイラーは、2019年の決勝のようにモニター前などに特別席を作るのも良い。(横田)

    ・今年について
    例年同様、レイクタウンにお金を払って会場を貸してもらうのではなく、レイクタウンにイベントを提案している形を取っています。
    そのため、コストは大幅に削れますが私達の都合で日程を決めることはできず、なかなか発表できないので選手にはいつも迷惑をかけて申し訳ない。
    今年もまだわかっていません。一応、GWかその前後の土日を狙っていますが、本当に全然わかりません。(横田)

    ●ジャッジの選定、バトルシステムについて
    ・基本的にルールはRBSSに準ずる。→JFFCはRBSSの予選である
    ・ただし、審査基準を各ジャッジで専任させるようなシステムは毎年RBSSで機能していないように見受けられるため、JFFCでは採用しない。
    ・審査基準はジャッジの主観に任せる。→そのために慎重なジャッジ選定を。
    ・ジャッジ選定の基準
    1. 世界大会を戦ったことがあること。 2.自分の判断をしっかりと周りに納得させられるよう言葉にして話せること。 3.近年の国際大会の現場にいること。
    ・ギャラはかかるが、値引き交渉は基本的にしない。→長い目で見てフリースタイルフットボールコミュニティのために。

    ●エントリー費について

    今回の出席者は前回の1万円について、適正な金額だと認識している。

    ●予選について

    ・今後、敗者復活戦などについては重きをおかず、そこに掛けていたコストを他の部分に回せるかも。
    ・予選をどんどん少なくしていく方針。→JF3の認定大会を増やし、ランキング上位や他の大会入賞者にシード権を与え、JFFCはトーナメントのみやる形が理想。

    →認定大会が増える気配がないので、ぜひ声をかけてほしい。(横田)

    ●その他質疑応答など

    認定大会になれる要件は?
    →ある程度のクオリティである程度定期的に開催されていること。(横田)
    →一度JF3のスタッフが現地に観に行き、会議にかけて最短で2回目の開催から認定できる。(横田)

    ショーのコンテストや、違うルールのバトルなどは認定大会になれるのか?
    →ポイント配分でコントロールできるので可能。(横田)

    くじにより、早い段階でもったいないバトルが出てしまう。
    →RBSS本戦でも起こる事なので、特別に対応することはない。(横田)

    WDC(ストリートダンスのコンペティション)のように、ステージの両端にプレイヤーの席を置くのはどうか?(Leon)
    →現状難しいと思うが、2019の決勝のようにモニター前に選手たちを入れるなどは前向きに検討したい。チームメイトのセコンドなどはみんなもっと入れば良いと思う。(横田)

    #5345 返信
    横田陽介
    ゲスト

    今後も何か質問あれば、誰でもなんでも書いてください!
    回答できる範囲で全て回答します!

2件の投稿を表示中 - 1 - 2件目 (全2件中)
返信先: JFFC2020第一回運営会議の議事録です。
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">

次の記事

国分寺スクール