12月16日(土)に東京・小豆沢体育館で行われる「2017 FREESTYLE FES IN ITABASHI」に、2012年世界チャンピオンのTokura(徳田耕太郎)が予選から参戦することが決定した。

Tokuraは2015年に開催された第゙1回大会から、同大会の主催とジャッジを務めており、選手としての出場は初となる。

 

また、フリースタイルフットボールサイドのジャッジ3人も発表され、2013年Red Bull Street Style JAPAN王者のNao、FREESTYLE FES初代王者のMOSA、DeportareのBrianが審査を務めることとなった。MOSAはフリースタイルバスケットボールサイドのジャッジも兼任する。

Tokuraの出場に伴い、エントリー期間が12月8日(金)まで延長された。なお、競技歴1〜3年のフリースタイラーに向けて新設された「ノービスクラス」はすでにエントリーが締め切られており、出場者も以下の通り発表されている。

 

→2017 FREESTYLE FES IN ITABASHIの詳細はこちら