World Final開催国の王者が決定!ベルギー予選では波乱も

11月21日(水)と22日(木)にポーランドの首都・ワルシャワで開催される「Red Bull Street Style 2018 World Final」に向けて、世界各国で予選が行われている。

出場者一覧はこちら

 

順当に優勝を果たしたのは…

イタリア予選では、前回のWorld Finalでベスト8に進出したGuntherが、決勝でLucaを破り順当に優勝を果たした。Guntherは今年で5大会連続のWorld Final出場となる。

出典:ReyFreestyle 507

 

また、エジプト予選ではYorokが優勝を果たし、3大会連続のWorld Final出場を決めている。

 

View this post on Instagram

 

WFFAさん(@thewffa)がシェアした投稿

 

開催国ポーランドとベルギーでは強豪が敗れる

World Final開催国・ポーランドの予選では、実績豊富な強豪が相次いで敗れた。近年、国内やヨーロッパの大会で台頭していたKalaが、SzymoやMikolajらを破り優勝を果たしている。

出典:KF Freestyle Team – Kamil Burdziński

 

ベルギー予選では、絶対王者として君臨していたBencokが惜しくも決勝で敗れた。Yassineがジャイアントキリングを起こし、初優勝を果たしている。

 

View this post on Instagram

 

WFFAさん(@thewffa)がシェアした投稿

Follow me!

お気軽にご相談ください!

JF3を運営する株式会社Ball Beatでは、パフォーマー派遣やイベント企画・運営、スクールなど、フリースタイルフットボールに関する様々な事業を行なっております。

そのほかにも、ストリートスポーツやサッカーに関わることなど、幅広くご協力いたします。これらに少しでも関わることはまず一度、お気軽にご相談ください!