10年前はRBSSしかなかった。今でも変わらない憧れの大舞台

こんにちは、です。誰だ?って思った方は、ぜひ僕のインタビューを読んでみてください。

JAM、大会、スクール。まぢりが3つの環境を創り続けている理由

 

Red Bull Street Styleが10周年。実は、僕もフリースタイルを始めて10周年です。

2008年からフリースタイルを始めて、第1回のRedBull Street Style(RBSS)を知ったのは残念ながら大会が終わってからでした。新宿FACEで行われた日本予選の動画を見た時は、そのかっこよさに衝撃を受けました。

 

出典:tuananas tuanjorlong

そして、それを超えるWorld Final決勝、Sean vs 横田陽介のかっこよさ。

フリースタイルフットボールを始めた当初は、ただただ技が出来るのが嬉しくてやっていしたが、その考えを変えたのがRBSSでした。ただ、漠然と「凄い」が僕の中のフリースタイルフットボールのイメージだったものの、この大会を見て「かっこいい」にグッと寄した。

 

野球部だった僕は、フリースタイルフットボールを始める時に「え、どんな服着てやるん?やっぱボール蹴るし、サッカーの服かな?」と思い、初めてスポーツショップのサッカーコーナーに行って服を探していました(笑)。そんな僕には衝撃でした。

「ジーパンで!?え!?カッコいい!」

そうなんです。もう服装からかっこ良かった。しかし、ファッションセンスを持ち合わせていない僕は、そのかっこよさには近づけなかったのが動画にも残っていす(笑)

 

フリースタイルフットボールを始めてから、初めて大会に参加したのは第2回(2009年)のRBSSでした。歴は1年に満たない時期でしたが、年に1回しかない大会なので、これは出るしかない!と意気込んで参加した記憶があす。

今でも忘れない、大阪アメリカ村の三角公園で行われた大阪予選。決勝トーナメントへの通過者発表で、最後の最後に呼ばれした。そして迎えた初バトルは、ボロ負けでした。

「あー!緊張した!何したか記憶にすらない!けど、もう終わった…次は1年後?マジかよ」

そんな気持ちでした。

 

1年に1回のデカい祭。そう、年に1回。

当時、大会はRBSSしかあせんでした。みんな1年間練習して、その成果が人によっては、たった3分で終わってしう。下手くそな僕には、その3分の権利すらギリギリあるかどうか。そんな思いからフリースタイラーで集って総当たの大会を作ったのも懐かしい思い出です。

その後、沢山の大会が生した。数多くの大会に足を運び、経験を積み、初優勝したのはフリースタイルを始めてから約6年後のことですが、今でも忘れせん。

 

大会があれば出る。遠くても足を運ぶ。そんなスタンスで多くの大会に出したが、やはRBSSは僕の中で特別でした。初めて出た大会であ初めてフリースタイルのかっこよさを知った大会だったんです。

それからRBSSだけはとにかくスケジュールを優先して、全大会に参加しした。大阪予選で負けた悔しさのあ東京予選でリベンジに行ったこともあす。

 

RBSSで優勝することはいつも憧れでした。そのWorld Finalが2013年で東京で行われた時は、迷わず見に行きした。

初めて目の前で見る世界のフリースタイラーを肌で感じ、そして僕のことを動画で知ってくれている選手もいて、本当に感激した記憶があす。ダサい服でも動画を出してて良かったなと(笑)

 

そんなRBSSが10周年。年に1度ではなくなってしまった時期もあした。日本予選も違った形に変わっていきしたが、だまだ続いていす。

あの舞台に出れる可能性が0%になったわけじゃない。ずっと開催に協力してくださった皆さまに感謝です。

 

World Finalで優勝して拍手喝采を浴びる自分を、フリースタイラーであれば誰もが1度は想像したのではないでしょうか?

1%でもその可能性があるなら、練習して予選に出るのみです。日本のトップランカーたちのレベルは百も承知ですが、自分の可能性を信じて、フリースタイルフットボールができなくなるでは出続けたいと思っていす。

そして、その憧れの舞台で戦う今年の日本代表のKo-sukeを全力で応援しす。いつかその舞台に立つ自分を想像しながら。

Follow me!

投稿者プロフィール

まぢり
まぢり
中学から野球を続ける中で、大学2年からフリースタイルフットボールを始める。2014年に関西初のスクールを開講し、現在も関西の各地でスクールや個人レッスンを行なっている。

お気軽にご相談ください!

JF3を運営する株式会社Ball Beatでは、パフォーマー派遣やイベント企画・運営、スクールなど、フリースタイルフットボールに関する様々な事業を行なっております。

そのほかにも、ストリートスポーツやサッカーに関わることなど、幅広くご協力いたします。これらに少しでも関わることはまず一度、お気軽にご相談ください!