世界中のフリースタイラーのみなさん、こんにちは。スポーツトレーナーの池田仁です。

前回はテニスボールを使ったお尻の筋肉のほぐし方を紹介しました。取り組んでみた後の身体の変化はいかがでしたか?

 

今回は道具を使わずに、お尻と太ももをほぐすストレッチを紹介します。

お尻を伸ばす三角ストレッチ

前回の記事でも指摘したように、フリースタイルフットボールではお尻の筋肉が酷使されます。このお尻の筋肉が硬くなると、腰が痛くなったり、思うように脚が回せなくなったりしてしまいます。

練習の前後や合間に、今から紹介するストレッチに取り組んで、常にお尻が柔らかい状態にしておきましょう。

  1. 左右どちらかの脚を直角に曲げて座る
  2. もう片方の脚を直角に曲げて、下にある脚のひざの上にくるぶしを乗せる
  3. 下にある脚のくるぶしの上にひざがくるように脚を重ねる
  4. 上の脚のひざが、下の脚のくるぶしに付くように押す
    →痛すぎる場合は下の脚を深く曲げる
  5. 余裕があれば上半身を前に倒す

これを左右どちらも行ってください。動画のように誰かに押してもらうと効果的ですが、痛すぎない程度にしましょう。

太ももの前側を伸ばす正座寝ストレッチ

ボールを蹴る時に使われるのが、太ももの前側の筋肉です。ここの筋肉が硬くなると、腰やひざの痛みにつながるので、しっかりとほぐしておきましょう。

  1. 正座をする
  2. かかとをお尻の横にずらす
  3. そのままゆっくりと後ろに倒れる
  4. 膝が地面から離れないようにする

文字にすると簡単そうに見えますが、なかなか辛くて痛いです。ひざが地面から離れたり、ひざとひざが離れたりすると思いますが、最初はそれでもいいので少しずつ伸ばしていきましょう。

できるようになったら、動画の後半のストレッチにも取り組んでみてください。

 

ケアの前後にレッグオーバーをやって、身体の変化を感じてみてください。

投稿者プロフィール

池田 仁
池田 仁
「運動嫌いをなくす」を使命に活動するフリーランスのスポーツインストラクター。裸足、四足歩行、三半規管の強化の三つを軸にした独自のプログラムで「体育が嫌い」「身体にコンプレックスがある」等の悩みを抱える人達に、身体を動かす楽しさと、喜びや自信を感じてもらえるレッスンを提供している。