DAZN World Freestyle Mastersが2月22日(木)に東京・恵比寿リキッドルームで開催となり、男子部門はMichryc(ポーランド)、女子部門はKalina(ポーランド)が優勝を果たした。

同大会には、世界ランキングの順位や実績に基づき選出された男子16名、女子8名のフリースタイラーが出場。世界15カ国のトッププレーヤーが東京に集結した。

世界ランク1位のMichrycは、男子部門決勝でSUPER BALL 2017王者のRicardinho(ブラジル)を破り、王者に輝いた。女子部門決勝ではKalinaがCaitlyun(アメリカ)を下し、男女ともにポーランド勢が頂点に立っている。

日本からは男子部門にYo、女子部門にmoe-Kが出場したが、いずれも1回戦敗退に終わった。

 

DAZN World Freestyle Masters 2018

【男子部門】

1位:Michryc(ポーランド)
2位:Ricardinho(ブラジル)
3位:Boyka(コロンビア)

【女子部門】

1位:Kalina(ポーランド)
2位:Caitlyun(アメリカ)
3位:Lucia(スロバキア)

 

Photo by FINEPLAY