2014年に行われたブラジルワールドカップ。遠い地球の裏側で、SAMURAI BLUE(サッカー日本代表)が強豪国を相手に戦いましたが、フリースタイルフットボール界からも世界に挑戦した“サムライ”がいました。

大会期間中に放送された「カップヌードル」のCMで、全身に甲冑をまとった日本人が、単身でブラジルへ武者修行に乗り込んでいます。

武者役を務めたのは、2012年に世界大会「Red Bull Street Style」で優勝を果たした、Tokuraこと徳田耕太郎です。動きが制限される甲冑を身にまといながらも、華麗なムーブを連発し、最後は代名詞でもある「トクラクラッチ」を披露しました。

この動画はYouTubeにもアップロードされており、「フリースタイルフットボール」の検索結果で再生数1位を記録しています(2017年11月24日時点で、約1160万回超)。

「甲冑姿がたまらなくかっこいい」「日本にはまだサムライがいた」などと、数多くの絶賛の声が寄せられ、世界中で話題となりました。今後、この伝説的CMを超える再生数の動画は出てくるのでしょうか。

投稿者プロフィール

Hiromu Tanaka
Hiromu Tanaka
中学生からフリースタイルフットボールを始め、大会やパフォーマンスなどに積極的に参加。現在はフリーランスで、スポーツを中心に様々なWebコンテンツを配信。JF3の運営をはじめ、フリースタイルフットボール界を盛り上げるべく、多岐に渡る活動を行っている。